ツーリングレポート 評価★★★
比企丘陵ポタリング
02/11/04

update02/11/13

コースデータ】
標高差:数100m?
走行距離:自由
行動時間:自由
ハイカー遭遇度:5%
レベル:初級向き





嵐山町役場に車を置かせてもらった。
ここは丘の上に立派な庁舎があって、これから走り回ろうとする丘陵地帯の眺めもよく素晴らしいところだ。

今日のプランは地図でだいたい見当をつけて、トレイルがありそうならその山に突入といういい加減なものだ。
たとえトレイルが途切れても、この辺りの里山はみんな丘程度。
引き返しても全然後悔しない?のだ。



さっそく役場付近の山に突入。
少々藪っぽいが、なかなかのトレイルを発見して楽しむの図。




トレイルを辿っていくと、やがて民家の脇に出た。

道路に出て次なるトレイルを物色する。


陽光差し込む、田畑と山の境目を走る。

適度な傾斜の下りが心地よい。


丘の上から適当にトレイルを下っていくと、今度はお寺の境内に飛び出た。


車道を走りながら狙いを定めて、関越自動車道を越える歩道橋からキツイ階段を担いで高見へ登った。

残念ながら、トレイルは藪が濃くて下れずに戻った。

いろいろ試したが、関越道付近はほとんどダメだった。


とりあえず目標物が無いので、関越道の嵐山パーキングの塔まで行くことにした。

車道の車通りはほとんどなく、暖かく気持ちの良い比企丘陵ののどかな景色を眺めながら行く。



嵐山パーキングの近くに送電線の巡視路を発見したので登ってみる。

15分程度の登りだ。



鉄塔からは、意外とテクニカルな下りが待ち受けていた。


ここいら辺には大きな河川が無い為か、丘と丘の間に無数の溜池が点在している。

11月中旬以降の方が紅葉が綺麗かも。


次はこの界隈では一番高い二ノ宮山(131.8m)を目指して小さな丘を越える。

乾いたダブルトラックがまた楽しい。

二ノ宮山の展望台。
これは遠くからも見つける事が出来る。

一旦道路に出て山頂を目指す。
15分ほどの勾配17%〜22%の登りは、舗装路といえどもかなり心臓破りだ。




ここのトレイルは良く歩かれていて、心地よい土の路面が続くグッドトレイルだ。
ハイカー又は散歩の人との鉢合わせにはくれぐれも注意して下るように。



下りきればそこにはまた溜池があった。

道路までは砂利道を飛ばしていける。


あっちこっち、出たり入ったりしていると時間が経つのも早い。

見晴らしの良い農道を走って、午後3時までには庁舎に戻った。

秋のポタリングは、日が傾く前に帰途に付きたかったから・・・・





SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO