20047月のトレイル
 UPDATE 04/07/28



あまりの暑さに耐えかねて、標高2000m級の高原へ涼を求めてでかけた。

そこはやはり別天地。避暑するには最的な地なのだ。
しかし我らトレイルライダーは、さらなる高見を目指す。

湧き上がる雲で下界の景色は遮られたが、空はどこまでも高かった。
早く山頂からの眺めに会いたいから、ペダリングにも力が入る。

もうすぐそこに空は届いた。
登る道はもうない。

標高2000m級の山頂から、しばしの展望を楽しむ。
山サイならではの至福の時だ。
こんな時のタバコが旨いのは解っているのだが・・・

さあ待望の下りを満喫するとしよう。

あまりの急傾斜に、ブレーキはロック寸前だ。
このテクニカル度が、また山サイの楽しみでもあったりする。

山頂から離れるにつれ、次第に楽しいスピードでクルージング。
木の根のドロップオフが妙に楽しい。

牧場内のかつてのトレイルは、深い茂みに覆われていた。
この柵越えの橋と共に、先人達の過去の思惑が垣間見れた時だった。

突然の雷雨で、森の木々や笹の葉、トレイルはすっかり濡れ、ライドで火照った我々の身体を冷やしてくれた。

瑞々しい森の木々にまた日があたり出す。

ちょっと湿った路面は程よいグリップ感を伴って、我らをさらに至福のライドへと導いてくれる。

スイッチバック、ストレートと、トレイルはタイヤとサスペンションに沢山の仕事を与えてくれた。

もちろん、我々の肉体や精神にも・・・



SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO