2003
2月のトレイル
UPDARE 03/03/08



2月下旬のある日。

まだ寒い日が続くが、日差しは大分柔らかくなっていた。
とある里山を、のんびりと目指す。
山間いで風がなくなれば、春のような暖かさだった。
早くも激登りの、ヒルクライムとなる。

暖かさのおかげで、足は案外回っている様だ。
たまには、きつい登りをもがき苦しんでみた。
おかげで、一気に標高を稼いでくれるのだ。
しばし休めば元気回復。

下りあっての登りだからね。
これから下ろうとする山々に思いをはせる。
今回は、急斜面が次々と現れる。
チャレンジすることによって、ライダーは腕を上げてゆく。
テクニカルだが、体の動きは軽やかだ。
何回かのアップダウンを繰り返して、次第に高度を下げてゆく。
一気に下っちゃうともったいないもんね。
やがて里が近づいてきた。
短いながらも充分楽しめたライドだった。


SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO