2001
11月のトレイル(2)
UPDATE 02/05/02




11月中旬、関東の1000m級の山は紅葉の盛りだった。

晩秋の澄んだ空気が、バイカーを高みへと誘う。



急斜面に刻まれたスイッチバックや、ガレた登山道が楽しい。

午前中は人が登ってくる確率が高いので、飛ばしすぎには注意した。

乾いた空気とは裏腹に、日の当たらない森の中は案外ウエットだったりもする。

最初のシングルトラックの下りが終り、民家で道を尋ねる。

土地の人との、こんなコミュニケーションも大切にしたい。


舗装路を一旦登り返した後、今度はダブルトラックのヒルクライムとなった。

XCフルサスであれば、こんな登りもトラクションが効いて楽しかったりもする。

秋の午後は早い。

杉林に西日が差し込む中、最後の下りを楽しむ。

交通の便が悪いこのトレイルでは、午後3時以降はマウンテンバイカーだけの至福な世界だった。


BACK

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO